「FALLOUT3」と無法地帯

シェアする

なんと、、、FALLOUT4が今秋発売だと聞いた。
おれはこのゲームに昔ハマりすぎて、500時間ぐらい平気でやったかもしれん。。最初は日本版をやりつくして、その後は規制のゆるいアジア版をえんえんとやり続けた。あまりにおもしろいのでおれはいつこのゲームに飽きるのだろうと疑問だったが、ある日急に飽きた。なぜかはわからないが、急に飽きて、以後はそんなにプレイしなおすこともなかった。で、「new vegas」という続編も出たが、バグだらけなのに鼻白んでもうやらなくなってしまった。バグが修正されたと聞いてももう駄目だった。完全に冷めたのだ。だから”4”のニュースを聞いて複雑な心境だ。またあれほどハマることはありえまい、、、

とりあえず”3”にハマったころに書いた記事を復旧する。


米国と中国による核戦争後、地球は焼き尽くされた・・あらゆる生命体が滅びたかに見えた・・しかし人類は生き残っていた・・!という黙示録的世界の中で、ただ生き延びるということを命題にサバイバルするという、もう聞いただけで肌が泡立つような感覚を覚えたので発売日に買ったのであった。

これがまた半端ではない本気度で、北斗の拳の世界、マッドマックスの世界がかすんでくるほどよくできているのだ。まさに暴力が支配する、無法が法という暗黒の時代なのである。外を歩けばアサルトライフルや鉄パイプで武装したモヒカン頭たちが襲い掛かってくる。
「新鮮な肉だー!!」と。
・・いや、↑の台詞はこのゲームを全て物語っている印象的なものなのだが、つまり舞台となるワシントンD.Cには放射能汚染された水や食べ物しかない。放射能で汚染されていない水は高値で取引され、食べ物もまともなものは一切ない。放射能で巨大化したゴキブリの肉とか。そんなのでさえ貴重なのだ。当然のように「アシュラ」のような人肉食が横行する。なりふりかまってはいられない。生きるために他人を食い殺すしかないのだ。このゲームで登場する「レイダー」と呼ばれる悪役たちは人の心を捨て、ケダモノになりきってしまっているのだ。(ジョージ秋山風に言えばだが)

各所に散在するレイダーのアジトときたらそれはそれは凄惨である。
ベッドには両手両足頭をなくした胴体だけの死体が縛り付けられている。ある死体は吊るされ、ある死体は壁に打ち付けられている。彼らは人間から略奪するだけでなく、命を奪うだけでなく、拷問を楽しみ、その肉を喰らう。かつてこのような悪夢的な敵が登場するRPGがあっただろうか?(そう、これはRPGなのだ) レイダーたちは紛れもなく人間なのだ。こんな敵が登場するRPGが他にあったら是非教えてくれ。やるから。つまり人類最大のモラルの禁忌すら、開始5分で踏み越えてくる妥協のなさ。素晴らしすぎる。

まあ、いきなりビックリさせたが、このゲームはグログロなところも確かにあるけど、チョモランマ並みに突き抜けた自由度がうりだ。主人公は文字通り何をやっても許される。強ければ何したっていい。この世界に存在する他のキャラクター(NPC)を皆殺しにすることだって可能なのだ。ただし洋ゲーのお約束で子供は殺せない。

家を持ち、ガラクタを集めてそれを売り、食べ物や薬、武器や服を買う。NPCから仕事をもらい、それをこなして報酬をもらう。武器を整備してただ純粋に破壊と殺戮を楽しむ。お金を貯めて自宅を改造したり新しい家具を買ったりする。傭兵を雇ったり犬を飼ったり奴隷を買ったり・・・もう何したっていい。底なしに自由なのだ。

自由度の高すぎるゲームって逆に何したらいいのかわからなくなる。このゲームはそういう意味で一本道の小説のようなRPGを好む人々にはむかないかもしれない。しかしこのような仮想世界で自由気ままにやりたい放題やりまくりたいってヒトにはまさしく最強のゲームだ。

はい、昔ブログに書いた記事そのまんまで申し訳ありません(ToT)。
ちなみにこのゲームをやっていた同時期に読んでいた小説がある。狙ったわけではない。単なる偶然だ。しかし妙にこのゲームとシンクロしていた(笑)。それがコーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」である。関連作としてぜひどうぞ。

・・・・・

というわけですが、これはヘナチンの日本版を買ってしまうとアレである。微妙。吹き替えとかローカライズは素晴らしいのだが、残酷描写、主に人体の欠損描写に関してはきれいさっぱり削られている。そこまでしなくてもいいんじゃない?製作者たちに失礼じゃない?と思うほどきれいさっぱりだ。ワタシは日本版をやりこんだ後海外版に手を出したので、ほとんどセリフは暗記していたこともあり、英語字幕も出るので困ることはなかったが、はじめての人はいきなりこれの英語字幕読んでも、独特の世界観ゆえに極めて読みにくいかもしれん。。というわけで今となってはオススメするのも難しいが、”4”はとりあえず規制の有無を確認し次第、STEAMで海外版を買おうと思う。(もうおれはプレステとか箱とか持ってないし買う気もないのだ)規制は日本版では絶対ある!ヘナチンだから絶対ある。というわけでなんのかんので楽しみにしている。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください