「 2015年05月 」一覧

5月も今日で終わり

いや〜、、更新したなあ、、
今月はほぼ毎日、つうか完璧に1日1回以上は更新したなあ。よくがんばったなあおれも。もっと金もらってもいいぐらいだ。

必然的に映画レビューばかりになってしまいまったが、そりゃそうだ。映画レビューなんて映画観てホジホジしながら書いてるだけだもん。とりあえず映画観ればすぐ書ける。それが映画レビューというものだ。

映画レビューの労力が1とするなら、第三帝国極悪伝説シリーズの記事1本の労力は1000000000000ぐらいである。比較にならない。というわけで映画レビューって超お手軽なんで今後もちょくちょくアップするだろう。

>>続きを読む


サベージキラー リベンジホラーの変り種


日本でも2014〜15年にかけて劇場公開されたリベンジホラーだ。これは典型的な田舎に行ったら田舎もんに襲われた系のお話である。序盤は「ヒルズハブアイズ」そっくりで、聾唖の女性が一人で南部アメリカの砂漠のド真ん中の田舎道を車で走っていたら、ヒャッハーなチンピラたちに襲撃され、拉致されてレ×プされる。

>>続きを読む


ある優しき殺人者の記録 日韓合作奇想天外キ×ガイホラー


日韓暴力映画大戦と言う名のネタ記事をどういうわけだか二回も書いたことがあるのだが、この映画は日韓合作の暴力映画だ!こういうのを待っていた!

第一次日韓暴力映画大戦

第二次日韓暴力映画大戦

、、、まあといってもこれは白石晃士監督のいつものモンド映画なので、過剰な期待は禁物ではあるが、安定感のある仕上がりは請け合える。
>>続きを読む


ポイントブランク ~標的にされた男~

今や韓国暴力映画の大ファンになりさがってしまったワタクシだが、今回も非常に楽しめました。元ネタのフランス映画は未見。全部チェキるのも大変だ、、、

元特殊部隊の元傭兵が、悪い韓国FBIに濡れぎぬ着せられて大奮闘、という話だが、脚本は元ネタがあるだけに韓国映画にしては丁寧ではないだろうか(笑)。

>>続きを読む

↓この記事が面白かったら拍手ボタンを押してください
web拍手 by FC2

    ↓管理人へメッセージを送る↓

    お名前

    メールアドレス (返信欲しい方のみ)

    フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

    確認




    トーキョー・トライブ 国の恥映画


    園子音の新作映画。国辱級のゴミ映画である。有名になったからと言ってこんな映画作っちゃだめだよな。
    まあ、我が人生ワースト10に入る映画に「愛のむきだし」だの「BAD FILM」だのといった映画があったのだが、偶然にも同じ監督だね!「地獄でなぜ悪い」というのもあったがアレも嫌い。うん、おれこの監督嫌いだわ。やっとはっきりそう言えるよ。
    >>続きを読む


    ホロコースト本 まとめ

    思うところありホロコースに関して勉強しなおしている。

    そこで持っている本をばーっと読み直したり、改めてまだ読んでなかったな~というのを古書で買いなおしたりしているのだが、もうおれ、ホロコースト関係の本はほとんど読んでしまったかもしれん。。。少なくとも新しく買ったとしても目新しい知識が得られにくい。もう知ってるよとなりがちだ。効率悪い状況になってきている。まあ今更斬新なホロコースト本を読みたいといっても「遊びじゃないんだよ!」と怒られそうだ。

    というわけだが、ホロコースト本は数多あれど、これ読んでおけばいいんじゃね?というのは数冊に過ぎないわけですよ。

    >>続きを読む


    熟女


    黒沢清監督に監督賞 カンヌ映画祭「ある視点」部門
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFK23H2O_T20C15A5000000/

    いや、おれひいた〜

    「岸辺の旅」という映画らしいですけどね。

    最近の御大といえば「1905」はポシャるわ、クソつまんない劣化「セル」を作ったかと思えば、佐藤健だの綾瀬はるかだの前田敦子だのともうスターキャストばかりかき集めちゃってよお。もう和製デヴィッド・リンチな中二くさい悪趣味B級ホラー作ってた頃にはもう戻れないのか、、、などと寂しく、、というか忘れていた。

    つうか、おれも別にこの「岸辺の旅」とやらをみたわけじゃないんだが、朝NHKでニュースみただけなんだけどさあ。

    いや、深津絵里美しいな。。

    >>続きを読む


    トールマン 下層のループを断ち切れ

    2012年アメリカ・カナダ・フランス映画。

    これは「マーターズ」というぶっ飛んだスプラッター映画を作り上げたパスカル・ロジェのホラー映画?だ。

    タイトルがすべてを物語っているのだが、こんな童話がかつてありましたねえ、、←半分ネタバレです

    もう旧作だしネタばれしてしまうことにするので、嫌な人はお戻りを。

    >>続きを読む


    「ブラッドメリディアン」と無法地帯

    85年に発表されたコーマック・マッカーシーの比較的初期の小説だが、20世紀後半の最も優れたアメリカ文学の一つと評される作品である。

    これはすさまじい。
    舞台はテキサス州の帰属をめぐってアメリカとメキシコが戦争をした1845年前後のアメリカ南西部。主にテキサスとメキシコだ。正に無法地帯の荒野である。

    >>続きを読む


    アイスピットオンユアグレイブ アナザー 原題は「JULIA」(笑)

    原題「JULIA」なのに無理矢理アイスピットオンユアグレイブのシリーズにこじつけてしまったやっちゃった感丸出しの映画。

    製作者たちは何も悪くない。
    悪いのは節操のない日本の配給会社である(笑)。

    さて、とはいうものの、レイ×リベンジムービーの流れを組むのは間違いないわけで、気にせず観ればいいんじゃないかと思う(笑)。
    >>続きを読む