ベルリンの戦い 後編

シェアする

<唯一の援軍>

「ベルリン市民よ!もう一息だ!ヴェンク軍がベルリンへ向かって進撃中!」

おびえきったベルリン市民はゲッベルスが約束したヴェンク軍来援を信じないではいられなかった。
ロシア軍相手の戦いに米軍が加勢するという噂もあった。
しかし、この時ベルリン救援に駆けつけようとしていた唯一の軍勢は、米軍でも独軍でもなく、フランス人部隊だった。シャルルマーニュ師団(武装SSのフランス義勇兵)の残兵である。