全部夢オチ

シェアする

641634086f82e494ba25b1ac72df93fb

大学生の頃、北海道を二泊三日で車で一周するという計画を立てて、時間がないもんだからスピードを出しまくっていたら、帰ってきたときには北海道警察が待ち構えていまして、みんなで仲良く御用となった、ということがありました。


罰金は70キロオーバー×2台ということで、10万円ぐらいだったと思うんですけど、みんなでシクシク泣きながらお金を出し合ったものです。

そこで、サツにパクられたショックと、金がなくなったショックがあわさったせいか、何人かはその後断食するなどと言い始めまして、三人ぐらいで一つの部屋にこもって、お互いを監視しながら、絶食していました。

で、面白いから様子を見に行ったんですけどね。ケーキ持って。女の子連れて。そしたらなんだか急にひがみ始めましてねえ。

おれたちは絶食してんのにあいつらときたらなんだ!!と連合赤軍みたいなこと言い始めたんですよ。あれには参ったなあ。

で、絶食してるんだけど、金使わなければなんでも良いという理屈だったようで、もう11月なのに「近くの畑で芋盗んでこようぜ!」とか言ってそんな計画を立てていました。まったく。飢えて頭がどうにかなっちゃったのでしょう。色々と今思い出すと面白いのですが、その時は奴らも飢えた狼のように攻撃的になっていましたし、おれはその時には意中の女の子とちゃらちゃら遊んでいましたので、その女の子に手を出すんじゃないかと心配したものでした。彼らはいわゆるヤンキーでしたので。

で、ものの1日2日でそいつらは学食のうどんをすすっていたのですが、たった1日2日断食した程度でとんでもない英雄ヅラでしたし、それ以降もおれたちを敵視するのは変わらなかったのです。

カルトというのはどこにでもあるものです。断食教とでも名付ければいいのかな?とにかくアホらしい話です。今思い出してもほんとにくだらない。大学生というのはそんなしょーもないことにクダ巻いて、無為な時間を過ごしているのである。

(オホンオホン‥)春ですね〜。もうすぐ社会に新兵が補充される季節になりました。

大学生はたっぷり人生の夏休みを楽しんだんじゃないだろうか?

これからは前線に送られることになるわけだが、社会は実際は戦争とは違うからねえ。ムカついたらぶん殴るとか、刺し殺すとか撃ち殺すとかできないわけですよ。

雄々しく戦おうと思っても、我慢するしかないことが多いと思うのよね。。そういう意味では戦争よりさらにツラいかもしれん。

そんなこんなでありますが、塚本晋也の「HAZE」という映画があるんだけども、主人公の男がわけわかんないとこで痛い目にばかりあうという、それだけの映画です。

ただ我慢するだけ。殴られるし嫌なんだけどただ進むだけ。人生はそうなっているのかもしれん。本来は人生はそんなもんなんだきっと。

しかし、大学というのは特に例外的に楽で理想的な世界だ。楽すぎる。人生のツラいこと全てから目を背けていられる。気のあう仲間だけで集まって面倒なことしなくていいし、好きなだけ食って好きなだけ飲んで好きなだけセッ×スして好きなだけ寝れる。理想郷だ。三蔵法師が目指した天竺ってのはここだったんだ。

まあ、でもやっぱりそれはマトリックスみたいなもんでして。くだに繋がれて快刺激だけをパルスで送られる水槽の中の脳みそみたいなもんでして。全部虚像なんだよ。リアルではない。それは決してリアルのものではないのである。全部夢だ。夢だったんだよ。その証拠に、ホラ、もう楽しかったあのころには永遠に戻れない。どんなことをしてもねえ。

新しい戦場で首尾よく順応できるかは、キミがさっさと目を覚ましてクダ引き抜いて水槽から飛び出せるか否かにかかっている。今のこの最後の春休みで遊び呆けてはいけない。毎日牙をとげ。戦闘準備をしろ。水槽から飛び出せ。英雄的に死にたきゃね。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください