2015年の戦争映画

シェアする

tumblr_m1rc0aeE0y1qbzq4yo1_500

ああ忙しい、、

ワシも基本的にはいつも仕事ばかりしているのよ。仕事以外のことはしていない。


今週はなんだか忙しかったのお。。仕事が。。介×士がババアの骨へし折ってばかりいるからよお。。

おれもここ最近よく更新したものだが、いよいよネタが尽きました。戦況はといえば、ベルリンが包囲されてどん詰まりだったんですけど、奇跡が起きました。応戦能力はないと思われていたシュタイナー師団が来てくれたんですよ。しかもヴェンク第十二軍、ブッセ第九軍もね。来てくれたんですよぉ。。

というわけで突然ですが戦争映画の話をいきなりはじめてもいいですか(強引だなおれも)?

今年はなんといっても戦後70年ですよ。おれも第二次大戦のことを調べれば調べるほど「まだ70年しか経ってねえの?700年前ぐらいじゃないのこれ?現実味なさすぎなんだけどこれ。」とビックリ仰天しておる。人間って超野蛮。これは確かである。

まあそれはいいとしても、今年は節目だし、こういう時は戦争映画がたくさん作られるんですよ。戦後60年の時は「ヒトラー最期の12日間」とか日本からは国の恥と言われた(主におれに)「ローレライ」なんかがありましたねえ。。

今年の注目作。いっちょここでまとめておこうか。

市川崑の「野火」を塚本晋也がリメイクします。これは今年の7月25日に公開が決定しており、おれとしては今年最も楽しみな映画だ。すごいことになっているに違いない。。ゴクリ。絶対期待の注目作ですね。
http://nobi-movie.com

「日本の一番長い日」もリメイクされる。これはオリジナルがそれなりに好きなため、楽しみというより不安が大きい作品である。キ×ガイな軍人がたくさん出てくるかが鍵だ。役所広司殿が理知的な阿南を演じてしまったらまずダメだろう。「渇き。」のアレぐらい狂っててくれればいい感じになりそうだが期待はできそうにない。これも今年の夏8月8日に劇場公開が決まっている。
http://nihon-ichi.jp/sp/index.html

アンジェリーナ・ジョリーの「UNBROKEN」も今年日本公開されるんじゃないかなあ。まだ決まっていないようだが、これは原作チラ見したけどね。反日映画なのは確定です。まあ別に反日映画でもおもしろければ全然問題ないですが、これはデタラメ度がいささか高すぎるかもしれませんね。。観る前からこういうのは嫌いですが、地味でつまらない映画になってそうだなあ。

その他、「永遠の0」がドラマ版でリメイクされますよ。テレビシリーズですね。来月やるみたいですよ。まあ一応観てみようと思っております。とりあえず文句言うにしても観てからにしないとねえ。個人的所感だけど、皆さん原作者を叩きすぎですよ。。極右的な作品もあってもいいじゃん。まあそこまで極右的な作品でもなかったと思うが、、

イーストウッドの「アメリカンスナイパー」も注目している。でも個人的にイーストウッドの映画はウエットすぎるというか、地味すぎるというか、、素直に殺しまくってヒャッハーァァ!!という映画を作る人物ではない。決して彼はそんな人物ではないため、オレの中では評価がイマイチだ。もっと素直にヒャッハー!して欲しいと思います。これも来月公開ですね。
http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/

あとはロシアからもセヴァストポリ要塞攻囲戦やブレスト要塞攻囲戦を描いた戦争映画が2015年に公開されるとの噂を小耳にはさんだ。最近はロシア映画も質が良いのでこれはかなり楽しみかな〜。

まあ、ワタクシとしては「野火」が最も期待作ですね。傑作の予感。ではまた。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください