残酷戦場写真館36
ボコハラムの恐怖

シェアする

2015/01/img_0662.jpg

ナイジェリアでは少なくとも370もの異なる人種や文化に属す集団が暮らしているという。そのナイジェリアでイスラム法に基づく宗教国家を作ろうとするジハーディストのグループが「ボコハラム」(西洋教育は罪)だ。

ボコハラムはナイジェリア国家と武装闘争を続ける過程で、近隣の学校を襲撃し、文字通り子供を殺したり誘拐して教育を妨害しようとしている。また、村を襲撃し、そのたび大規模な虐殺を行っている。

2014年4月には学校が襲われ240人の女子生徒が拉致された。彼女たちはすでにイスラム教に改宗させられ、テロリストの花嫁となっているといわれている(つまりそれは性奴隷を意味する)。

また2015年に入って少女による自爆テロが続発。彼女たちは誘拐された女子生徒ではないか?と疑われている。

2015/01/img_0663.jpg

焼かれた村

2015年に入ってすぐ、ナイジェリアの国境の町バガにボコハラムが侵攻、町のほぼ全域が焼き払われ、2000人が虐殺された。ほとんど女子供老人だったという。

<画像は自主規制しました>

バガで殺された人々とされる写真

イスラム原理主義の残虐さは異常である。文明らしさのカケラさえない。ポルポト政権に並ぶほどの異常性である。

boko

ボコハラムの指導者Abubakar Shekau
早くどうにかしろ!

参考、画像元
https://www.thunderclap.it/projects/904-stop-jihadist-genocides

http://www.mainstreamreports.com/2000-feared-killed-boko-harams-deadliest-massacre-baga/

http://mainichi.jp/select/news/20150109k0000e030214000c.html

http://metro.co.uk/2015/01/11/boko-haram-massacre-up-to-2000-women-children-and-the-elderly-5018039/

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください