喰女とヤリチン

シェアする


20140823-134236.jpg

「喰女」という恐ろしげなタイトルのジャパンホラーだが、ストーリーをみてると「インランドエンパイア」ソックリだ。でもあらすじ読んでるとおれが不思議なのは、、まあ読んでくれ。

恋人の美雪の口添えで見事に伊右衛門役を射止めた売れない俳優の長谷川浩介だったが、浮気癖で優柔不断な性格が災いして共演者の朝比奈莉緖や美雪の付き人の倉田加代子にまで手を付けてしまう。浩之の浮気に気づきながらも彼を受け入れようとする美雪と不貞の限りを尽くす浩介…云々

NKVD作戦命令第0754号:ただちに浩介を逮捕して××切り取ってケ×付近に移植し逆さに吊るして火炙りの刑にせよ

同志スターリン!
たくみに変装せる反革命分子を神聖なる人民法廷の名において相応に処置いたしました!

はいはい!もういいです!冗談です!冗談!

でもなあ。一体浩介はどうなんだ。いや、海老蔵やけどな。役回りピッタリやな。いきなり黒人に殴られてノックアウトされたら完璧やと思う。それはいいとして、

プレイボーイというのは一体どんなテクニックをもってして女を虜にするのかのう。

だいたいおれの経験上だが、彼女がいるのを隠すのはかなり難しいど。あの人彼女いるよ〜、あの人あの人にふられたばっかりよ〜などといったような女たちのネットワークは男には想像もつかないほど精細かつ巧妙である。まあまず隠すのは無理だ。話してると「彼女いるの〜?」など普通に聞かれるしな。そこでいきなりいるのに「いないよ〜」などと隠すのはかなりリスキーではないだろうか?バレたらなに言われるかわからんど。。

これが結婚などといったら何をか言わんや。結婚してるしてないを隠すことなどまず不可能だろう。職場とかで隠すことはまず無理だし、妻やガキにサービスしつつ、他にも女を囲ってしかもそいつも満足させるためには、どう考えても時間が足りないだろう。隠し通すのはまず無理だ。

にも関わらず映画とかドラマとかその辺あっさり簡単に踏みこえちまうよなあ。三人も一瞬のうちに囲ってしまうとは、いくら海老蔵といえど納得のいく描写ではない。どうやって満足させてるんだ??アツアツの恋人同士というのは毎日でも会いたいものだ。女も来るなといっても家に来たりするしな!隠すのは無理だろう。一人が怪しみ出したらあっという間に瓦解するではないか。

で、考えられるのは、口説く女にあらかじめおれにはもう彼女いるんだけど〜ともうカミングアウトしているケースだ。理解しがたいが、これでなんとかなってる奴をごく少数ではあるが、今までみたことがある。そいつは権力を持っていた。そして弱い立場の女に手を出していた。悲しいかな。権力に弱い女のサガよ。

例えば教師。そいつは自分の生徒に手を出していた。

例えばファミレスの店長。そいつは何もできない新入社員に手を出していた。

例えば医者。そいつは自分の近くの看護婦に手を出していた。

奇妙な共通点がある。これらクソ野郎どもには皆子供がいなかった。子供がいると浮気は言うほど簡単ではないのかもしれん。

ドラマや映画では割と浮気が日常であるが、現実では浮気は簡単にできないんじゃねえ??まあやってる奴はコッソリやってるからだろうが、なかなかできるものではないと信じたい。

特に売れない役者で優柔不断で、なんて言われたら、イケメン補正がかかっても普通無理じゃねえ?!しかも落とす女落とす女、極上の美女ばかり。なんかもう現実味がないにもほどがあるじゃん。幽霊のほうがなんぼか現実味あるわい。つうか、こんな理由で祟られてもなあ、、共感できないし怖くないじゃん(ひょっとしてだから喰女というタイトルなのですかw?)。

というわけで、浩介は予定通り××切り取ってケ×付近に移植し、逆さに吊るして火炙りが妥当である。断固執行せよ!お国のために!

※喰女みてないのにdisっちまった!ごめん!