残酷戦場写真館32
スリランカ内戦②

シェアする



心臓の弱い人は絶対見ないでください。

仏様の画像がたくさんあります。

スリランカ内戦についてはこちらで既に紹介していますが、今回はさらに凄惨な画像を紹介します。

スリランカはかつては整った福祉制度で知られる住みやすい国であったが、、

もともと仏教徒のシンハラ人とヒンズー教徒のタミル人が共生している国だったが、内戦のきっかけは1983年、時の為政者が仏教とナショナリズムを結び付け、少数派のタミル人の差別政策をはじめたことであった。両陣営の関係は悪化し、多数派のシンハラ人はたびたび暴動を起こしタミル人の住居を破壊するまでになってしまった。

以降、25年にも及ぶ内戦がはじまり、何度も停戦の試みが行われたが、実を結ばず、タミル側武装勢力は追い詰められた。彼らは20万人の難民を「人間の盾」とし、徹底抗戦するも完全に掃討された。

この内戦で両陣営による深刻な民間人の暴行が報告された。女性は拷問され徹底的にレ×プされた。子供もまったく容赦なく殺された。そしてそれら暴行の様子が動画や画像となって世界中に流出した。おかげでスリランカ内戦はこの手の内戦としては圧倒的に写真が豊富である。

大人も、、、

1394603702 1394604122

子供も、、、

1394604304 1394606842 1394608473 1394608989

女性は残虐な性犯罪の犠牲に。。。

1394609123 1394609156 1394609770 1394609791

ぐえええ、、、

残酷すぎる。。。

仏教徒というのはビルマやタイでも猛烈な暴力をもたらしている、、仏教が持つ殺さずのイメージとは異なり、わりとナショナリズムと結びつきやすいらしい。数ある内戦でもここまで写真が豊富なのは珍しい。

参考

http://www.srilankaguardian.org/2014/03/sri-lanka-rape-murder-fear-and-death.html