第三帝国極悪伝説26
ヘルベルト・カプラー

シェアする

ヘルベルト・カプラー

Herbert Kappler

ローマのSD司令官

Kappler[1]

所属:ローマのゲシュタポ長官、ローマ保安警察及びSD指導者
出身:ドイツ、シュトゥットガルト
階級:SS中佐(SS-Obersturmbannführer=オーバーシュトゥルムバンフューラー)
罪状:ローマで約9000人のユダヤ人をアウシュビッツへ送る。また、アルデアティーネの虐殺も彼の指示による

こういう言い方もナンだがイケメンである。あくまでドイツ的な、という意味ではあるが。
彼の人生はさながら映画である。実際映画でも出てくる(後述)。
彼は残忍なゲシュタポだったが晩年はひと波乱あり、結局安らかに自宅で息をひきとった。

1907年にドイツ、シュトゥットガルトの中産階級の家庭で生まれる。普通に学校に行き電気技師となった。そして大恐慌の混乱の中で《ナチ党》が躍進し、カプラーは31年に正式に党員となっていた。ナチ党に入って当初は突撃隊の隊員となったがすぐに親衛隊に入隊。《長いナイフの夜》を経験し、27歳で結婚した。カプラーはその後もSSと国防軍双方で軍事教練を続けたが、《武装SS》には入らなかった。後方で治安任務を行っていた。36年にはSS軍曹に昇進しシュトゥットガルトのゲシュタポ本部で勤務した。そこでSDとゲシュタポの長官ラインハルト・ハイドリヒ(参考)と出会う。幹部候補学校に入って出世が加速するのであった。第二次大戦がはじまるころにはカプラーはSS大尉に昇進していた。41年にはイタリアで勤務し、イタリア治安機関のアドバイザーとして頭角をあらわす。

1943年、イタリアでムッソリーニの独裁体制が倒れると急速に権力を掌握したのがカプラーだった。ムッソリーニのあと成立したバドリオ政権がローマで影響力を持つのはもう少し先である。

9月、その頃在ローマのドイツ大使館に在籍していたカプラーはユダヤ人指導者を呼びつけ、イタリアを裏切り、人種的にも有罪であるユダヤ人を生かしたければ金塊を50キロ用意せよ、さもなくば200人のユダヤ人をドイツへ送って皆殺しにすると警告した。ユダヤ人たちは急いで金塊を用意してまわったがこれは単なる時間稼ぎだった。

ドイツ側は素早く移送するユダヤ人のリストアップをはじめた。ユダヤ人たちの間で近々官憲による狩りこみが始まるという噂が流れたが誰も信じなかった。こうして10月中旬、地区を包囲したSSによって約1000人のユダヤ人が逮捕され、アウシュビッツへ送られ、そのほとんどが死亡した。

11月30日にはムッソリーニによるサロ※の内務省がユダヤ人全員を検挙し、その財産を没収すべしとの命令を下す。全イタリアの犠牲者は9000人とされているが、かなりの数が一般のイタリア家庭に匿われ、移送を免れた。ローマ教皇はこれを黙ってみていたという(参考)。

※イタリア社会共和国=サロ共和国
ムッソリーニが北イタリアでヤケクソでおこしたナチの傀儡国家。残忍だったと噂される(参考)。

さて、イタリアの戦線は膠着し、1944年3月にはイタリアパルチザンによるローマ・治安機関に対する攻撃が激化、33名の警察官が死亡する事件が起こった(この攻撃で一般市民も10名死亡している)。

当事のナチスはパルチザンへの報復として10対1の原理を採用していた。すなわちドイツ側死者に対して10人の民間人を処刑せよとの命令が下されていたのである。カプラーは《フューラー》※よりその命令を受け、実行にうつす。

※総統=アドルフ・ヒトラー

カプラーはイタリア国内から犯罪人とユダヤ人を330名集め、アルデアティーネの洞窟で銃殺に処した。手違いで5人多く殺され、実際の死者数は335人である。
xxxx01
イタリア・ドイツの治安機関によりかり集められる人々

xxxx02
アルデアティーネの洞窟で見つかった死者の検死

イタリア戦線は膠着を続け、結局45年5月になるまでサロ・ドイツ両軍は連合軍に対して激烈な抵抗を続けていた。しかし《フューラー》の自殺により、抵抗軍はついに降伏。カプラーはバチカンにかくまってもらうよう試みたが失敗(しかし、アルデアティーネの虐殺で指揮を取った彼の副官はアルゼンチンに逃げた)。英軍とも米軍とも言われるが、とにかく逮捕されてイタリア政府に引き渡された。

戦後イタリアは戦時中の暴力行為の全てを無罪とした。カプラーもその数々の犯罪、人間狩りとアウシュビッツへの移送、アルデアティーネの虐殺、すべて不問にふされた。しかし5人多く殺したあの手違い。あれは違った。そこだけ裁かれ結局終身刑となるのであった。司法なんて厳密なようで適当なものである。
Kappler1_little[1]1
逮捕後のカプラー

1975年、服役中に健康状態が悪化したカプラー(68歳)はローマの病院に身柄が移される。そこでなんとカプラーの妻であり看護婦がカプラーをトランクに隠してドイツ国内へ逃亡(この妻とは72年に獄中で結婚していた!)。イタリア政府は西ドイツ政府に身柄の引渡しを要求した。そりゃそうだ。しかしなんと西ドイツ政府はこれを拒否!西ドイツ政府は健康状態の悪化を理由にカプラーの裁判を行わなかった。

なんだかな。
しかし身体が悪かったのは本当だったようである。
78年、彼が病院から脱走してわずか半年後。自宅で安らかに息をひきとった。女にここまでさせたのであるから彼が人間的に魅力があったのは確かであろう。
享年70歳。波乱の人生である。

赤と黒の十字架』 (The Scarlet and the Black)
1983年のイギリスのテレビ映画で、クリストファー・プラマーがカプラーを演じた。
kappler-ss[1]


ヨーロッパ ユダヤ人の絶滅
ホロコースト歴史地図―1918-1948
世界戦争犯罪辞典
映画:『赤と黒の十字架』 (The Scarlet and the Black)
http://toobworld.blogspot.jp/2009/03/as-seen-on-tv-colonel-kappler.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Herbert_Kappler
http://www.hughoflaherty.com/index.cfm/page/kappler

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください