「 2014年05月 」一覧

第三帝国極悪伝説09 フリッツ・クノッホライン

フリッツ・クノッホライン

Fritz Knöchlein

髑髏部隊出身のSS将校

content_Kelly_Hicks_-_Fritz_Kn_chlein_Portrait_1[1]

所属:SS第3装甲師団「髑髏」、第2SS髑髏連隊「ブランデンブルク」、第1大隊、第14中隊。後に第16SS装甲擲弾兵師団「SS全国指導者」に所属。
出身:ドイツ、ミュンヘン
階級:SS中佐(SS-Obersturmbannführer=オーバーシュトゥルムバンフューラー)
罪状:西方電撃戦の際に捕虜にした英軍「ロイヤルノーフォーク」連隊の隊員97名を虐殺

>>続きを読む




第三帝国極悪伝説08 カール・イェーガー



カール・イエーガー

Karl Jäger

リトアニアのアインザッツコマンド隊長

44088406[1]

所属:SD(親衛隊保安諜報部)、アインザッツグルッペA、アインザッツコマンド3隊長
出身:スイス、シャフハウゼン
階級:SS大佐(SS-Standartenführer =シュタンダルテンフューラー)
罪状:リトアニアのユダヤ人コミュニティを壊滅。13万7346人のユダヤ人虐殺に関与。

>>続きを読む


”メランコリア” 鬱病者のみる心地よい夢

melancholia-05112011[1]
ラース・フォントリアーの新作だ。毎回毎回生々しい手振れカメラで陰鬱な物語をつむぐ監督だが、このシトはリアルのうつ病。今回の作品はうつ病復帰後2作目ということになるが、テーマは世界の終わり、人類の絶滅。終末の時・・
※2012年ごろ書いた記事です

>>続きを読む


”レスラー” 惨めで痛々しい男の誇り

08年アメリカ映画。ダーレン・アロノフスキー監督作品。この監督はとにかく人をとことん追い込む職人である。職人というかここまで来てしまうともはや趣味なのだな、と思うしかない。

※2012年ごろ書いた記事です

>>続きを読む


“オテサーネク” 母性という名の狂気を皿まで舐め尽くす子供という名の怪物

20140515-135646.jpg

チェコのシュルレアリスムの映像作家ヤン・シュバンクマイエルの長編第四弾。共産主義政府の締め付けにより、自由な作品が撮れないという背景の元、旧共産圏では”わかりにくい映画”が発展して行く。

>>続きを読む




”ニーチェの馬” 食え 食わねばならん 例え明日世界が終わろうとも

ううううう・・・。
おおおおおおおおおおおお・・・・・・・・・。

怒怒怒怒怒怒怒怒怒・・・

おれの人生に怒りほど強い感情はないだろう。なんでこんなにイラつくのか知らないが、もう怒ってばかりいる。もう多分正常ではないのだろう。精神科的になんかの病名がつくのかもしれん。最近は忙しく仕事ばかりしている。だがやりがいのある仕事ではないため、仕事以外に何かやりがいのあるものを見つけねば、と考えているが・・そういうのがないとやっとれんよまじで。

※2013年の春ごろ書いた記事です

>>続きを読む


第三帝国極悪伝説外伝 イギリス編
ドレスデン壊滅の夜


20140502-130431.jpg

ドイツ東部ザクセン州の古都ドレスデンは45年2月13日、英空軍の猛爆撃により一夜のうちに壊滅した。これは無差別の都市空爆であり、連合軍のドイツに対する戦略爆撃の無慈悲の頂点を刻むものである。43年7月のハンブルク大空襲と並び、欧州戦線における連合軍の最大級の戦争犯罪と言える。

>>続きを読む


第三帝国極悪伝説07 パウル・ブローベル


パウル・ブローベル

Paul Blobel

「バビ・ヤールの大虐殺」主犯

paul

所属:アインザッツグルッペンC、ゾンダーコマンド4a
出身:ドイツ、ポツダム
階級:SS大佐(SS-Standartenführer =シュタンダルテンフューラー)
罪状:キエフ、バビ・ヤールの大虐殺を指揮・実行。2日間で33771人の女子供を問わないユダヤ人・ウクライナ人・共産党員・ジプシー・ロマ、精神障害者の虐殺に関与

>>続きを読む