“変態村” タイトルはキモいが、、

シェアする


hentai

※むかあし書いたミクシのレビューの復旧分です。手抜きです。

変態村という挑戦的なタイトルとインパクト大のジャケットから瞬時にレンタルを決意した怪作である。ギャスパー・ノエと比して語られていたが、まーこれもフランス映画だからなのか?

まーそんなのどーでもいいんですけど、これは変態村って言う邦題は的を得てますよ。ほんとに変態村ですわ。

ストーリーは売れないミュージシャンがライブに向かう途中道に迷って車がエンスト、知遅れ風のにいちゃんに道案内され、ある家に世話になる。
そしてそこで変態男に逃げてった奥さんと勘違いされ女装させられて監禁される。尻をファxクされたり手のひらに杭を打ち込まれたり髪の毛そられたり拷問されまくるのもすべて愛がゆえに。
そこで近隣に住む変態村の住人が嫉妬してそのミュージシャンを変態男から強奪しようとショットガン片手に殴りこみ、ぶんどってカマ掘って監禁しようとしたが、そこでようやくミュージシャンは脱出を敢行。あてもなく欧州の森を逃げまくります。ショットガン持って追いかけてきた男勝手に沼にズボリとはまって勝手に死に掛かっております。男は必死で「おれを愛していたと言ってくれ~」と意味不明の懇願。ミュージシャンは「愛してた」と答えてあげます。で、晴れてハッピーエンド!ヨカッタネ!
意味不明でしょ??おれも書いててさっぱりわかりません。意味不明です。いたるところに悪魔のいけにえのオマージュがみられますが、アヴァンギャルドなところは似てなくもないが、真剣にいかれているのも同じにしても微妙に笑えない作品である。

エンドロールは吹雪の「ビューー!」とかいう風の音のみで音楽一切なし。
いや~フランスは変態が多いズラ。変態を知りたければ今すぐフランスへゴー!ってなもんですね!