FUNERAL MIST-Maranatha

シェアする

Logo

※過去ログ復旧分


スウェーデンのブラックメタル事情といえば、ノルウェーの二番か三番煎じというか、そんなカッコ悪いイメージがあったものだ。古くはABRUPTUMだとか、とっくの昔にノルウェーのバンドの多くが「サタニズム?だせえ。これからは異教信仰だぜ!ペイガンだぜ!」というやり口にシフトしていくにもかかわらず、いつまでもいつまでもヘイルサタン!ヘイルサタン!とやかましい連中であった。

だがな!お舐めでないよ!
スウェーデンのブラックメタルバンドも凶悪犯はたくさんいるんだぜ!だからいいんだ許されるんだよ。業界には悪ければなんか許されるというノリがあるのはもはや説明の必要もあるまい。

このFUNERAL MISTはそんな微妙なスウェーデン・ブラックメタル界の最古参のブラックメタルバンドだ。だがな、よく考えてもみてほしい。MAYHEMのDEADはスウェーデン人だよな。毛色は違うがDISSECTIONNAGLFARなどスウェーデン人が最も得意とする叙情的なメロディックデスメタルとの融合を果たし独自の路線に舵をきったバンドも多くいる。DARK FUNERALも無視できない古参である。

そもそもスウェーデンとノルウェーはお隣同士なのだからインナーサークルに出入りしてたスウェーデン人も多かったそうな。だから決して軽視できない、それどころかノルウェーに次ぐ勢力がこのスウェーデンに眠っていると思わねばならないのだ…!ってうんちくはこれぐらいにしておきたいがもう一言語らせてくれ!(笑)

もう一つ重要なのはだな!(もう誰も聞いてないのはわかってるんだよ、畜生)スウェーデンはナチスドイツとは中立を保っていたということだ!というか、ほとんど保護国に近い半傀儡国家であったことは否めない!だが、ノルウェーのように大マジにナチのキ×ガイ占領支配を受けてはいない。この差は大きい。

ナチ占領下のノルウェーで傀儡政権を率いた“元祖ノルウェーナチヴィドクン・クヴィスリングを指して、「おれはクヴィスリングの子孫だ!」とぶち上げて見せたノルウェーの某NS(国家社会主義)ブラックメタルカリスマもいるぐらいですから。こういう歴史的経緯もブラックメタルの世界では割と関係している(笑)。

スウェーデンといえば、お国柄特徴的な曲展開やお決まりのリフのそれっぽさがあり、聴く人が聴けば「ああ、このバンドはスウェーデンかな」とわかったりもする。そんなスウェディッシュなアレコレを好む人にはたまらないのだが、いかんせん無個性という罠に陥りやすい。しかしこのFUNERAL MISTは悪い意味でのスウェーデン的無個性はあまり感じられない。もちろんスウェーデンらしさは随所に感じるのだが、その先に一歩踏み込んだ正統派ノルウェースタイルや変態フランススタイルも感じられるのだ…ってこれは完全におれの主観だが、DEATHSPELL OMEGAが好きな方はまあマストだと思うし、(同じレーベルだ)曲展開はカオティックで複雑なのだが、リフのわかりやすいかっこよさ、轟音爆音の背後を伝うように流れる冒涜的でアンホーリーで荘厳にして宗教くさいメロディは極上の一品である(笑)。リズム隊も検討しており、全体的な完成度は文句のつけようがないほどだ。

そして、ブラックメタル…結局フレーバー、つまり雰囲気が大事だと思うんだよこのジャンル。テクニックを極めただけではブラックメタルをやることはできないと思う。その点このバンドは曲の合間にそれらしい邪悪なイメージの映画とかのサンプリングSEがこまめに挟まれており、雰囲気は抜群である。気持ちよくあっち側の世界にトリップできるメタルドラッグといえるだろう。この癖になる感じは是非体験して欲しいなと思う。やっぱり曲作りから演出、雰囲気作りまで徹底して手を抜かずにやっているプロ意識はすごいもので、よく最初から終わりまでサタニズムなんてふざけたテーマを全身全霊で作り込んでるな、あ、本気なんだな、と感心してしまう始末である。

あとこういうのって、押しまくりの爆音まみれだとうんざりしてきてゲロが出そうになり、しまいにはCD取り出して膝蹴りで破壊してしまうあまり、おれの部屋のゴミ箱には砕け散ったCDが山と積まれているのだが、このバンドは押しまくってばかりではなく、ミディアムテンポのもったりした曲も結構入っていて、緩急がついているとでも言いましょうか。でもだるくないですよ。とても荘厳で完成度の高い美スラッシュなトレモロリフである(笑)。

というわけだが、このバンドは先ほども述べた雰囲気作りというやつが、本当に素晴らしく、アートワークもまさに全ブラックメタルバンドは参考にしてほしい、教科書にしてほしいと思うほど荒廃しててデカダンスでグロ美しくて白黒でアンホーリーなのだよね。このアートワークを楽しめるというのも今の時代CDを買わせるために 必要なのではないか?こう書くとなんだよ商業主義かよと思うかもしれないが、誰も買わねえよ!こんな不気味なもん!欲しがるのはごく限られた中二病だけだよ!だからAmazonで売ってるうちにさっさと買った方がいいのでは?まあ僕はまわしものではないのでこのぐらいにしておこう(笑)。

音楽が素晴らしく完成度が高いのは事実なので、是非試して見てほしいと思う。こういう本気なバンドを他にも知っている!という人は無知な僕りんに教えてくださいね!

※すまん。今日はメタルのことをよく知らないという人にはわけわからない内容だったかもしれん。完全に自己満足万歳な内容でした。ごめんね。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください