プリミティブブラックメタルの話

シェアする

20140220-102034.jpg

おーいえー。

こいつはすごいぜ。

プリミティブブラックメタルという最も正統派かつアングラな一派があるのだが、おれはこのプリミティブブラックメタルが大好物である。

昨今流行りのシンフォニックブラックメタルだのシューゲイザーだのは別に嫌いじゃあないと思うが、労力的に金と時間が追いつかないし、なんかあまり興味もないので全然わからないのだが(笑)プリミティブブラックメタルは別である。

最近はブラックメタルも細分化がひどくて何が何やらわからない世界が展開されているし、定義の捉え方も人によってマチマチだ。そこで、ここでおれだけに通じる理解としてプリミティブブラックメタル=アングラなブラックメタルと一括りにしたい。

アングラな、、とはまたザックリだな。いいんだよ。もう。それで。そう思う。

まあつまりアングラなと言いつつそのアングラさにまた色々な種類があるという話だが、まず

①正統派にヘイルサタン!な悪魔崇拝なやつ。ぶっちゃけ一番かっこいい。

②ハイルヒトラー!白人エラい!ユダ公黒人皆殺し!な国民社会主義とクロスオーバーしたやつ。軍歌や軍靴のサンプリングとかドイツ国歌、ナチ党歌、総統閣下の演説とかがしばしばこんにちわする。

③昨今はやりの自殺系。とにかく鬱で重い。ボーカルもメンヘルであれば喜ばれる。やたら泣かれてうざい。いつもメソメソしてる。殴りたい。

という感じに別れるんじゃねーかなー‥

と勝手に思っている。

そこでおれの守備範囲はといえば、完全に①と②である。③はもう「SILENCER」とかで有名になってしまった感があるが、うるさいねん。かっこよくはないねん。あと爽快感がイマイチなので、おれはなんか敬遠してしまっている。精神疾患をやたら神格化する姿勢も共感できない。なんかオススメがある人は無知な僕りんに教えてほしいと思う。

①に関して。これはいいバンドがたくさんある。最もオススメである。
フランス、ノルウェー、スウェーデン、などまあヨーロッパ全体にプリブラは存在している。特にノルウェーはブラックメタルの帝國、総本山ですから。プリブラに限らずたくさんのブラックメタルバンドがいます。やはり有名なのは「ILDJARN」じゃないかな。ノルウェーには「DARK THRONE」や「EMPEROR」「ULVER」など、最初だけ、あるいはほんの一時期だけプリミティブブラックでしたよというのが山といる。最も原初的サウンドのため、本人たちもプリブラをやっているつもりもなく一生懸命やってて、今になってあれはプリブラの名作だよ〜と言われていたりだとか。そういうことがままある。まあノルウェーの初期重要バンドはだいたいプリブラである。

フランスも「MUTIILATION」や「DEATH SPELL OMEGA」などを中心に素性不明の狂ったバンドがいっぱいいますね、、数もかなり多いように思う。フランスのバンドというだけでちょっと構えてしまう。そんな気を放つバンドが多いことは業界ではよく知られている。ノルウェーとは違ってプリブラを突き詰めてやろう!という本気で現代的にオサレになっちゃったバンドも多くいる。国産の「ARKHA SVA」もフランスのレーベルに所属していると聞いたし、「NEHEMAH」も有名だ。

②は前にも語ったことがあるが、もう無茶苦茶な世界。無限じゃないかと思うほど色々なバンドがいる。やはり東欧に多い気がするが、世界中どこにでも極右ってのはいるしね。アジアにもどこにでもいる。まあ国民社会主義ではないにしても右翼であればいい!それでいい!というわりと甘い世界である(笑)。音的には最もアングラかつヒトラーやゲッベルスの演説が随所に挟まれていたりして最も頭おかしい度が高く、一般人をひかせられるという視点では一も二もなくパルムドール賞とっちまうであろう。思想的に過激かつ大真面目のバンドも多いので、迂闊に手を出すとアイデンティティーに混乱を来たしてしまう(笑)。

どういうことかといえば、例えばドイツに「ABSURD」というバンドがいるが、ソ連崩壊後に元東ドイツの若者たちで構成されており、リアルのネオナチである。おまけに殺人犯。どうですか。これがなあ。なかなかいい音出すんだわ(笑)。これにいいなあこれいいなあと恍惚感に浸ってていいものかと(笑)。まあそれは皆さんで考えてください(笑)。

まあ、そんなわけで、導入はこんなものですから。次は具体的にオススメのバンドとその作品を紹介したいと思う。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください