帰ってきたヒトラー 読書評

シェアする

20140219-111137.jpg

これはずいぶん前から楽しみにしていた小説だが、思ったより早く翻訳されたようで良かった良かったと勇んで読み始めてみた。

ライトな切り口でコメディ調。読みやすくて良かった。だいたい2日ぐらいで読んでしまったが、読むの早い人はおそらく一日で読めてしまうのではなかろうか。それぐらいカジュアルである。

ストーリーは散々語られているので簡単に。現代のベルリンにて急に蘇ったヒトラーが、お笑い芸人としてデビューするという話だが、こういうとチャップリンの「独裁者」のような話かなと思われるかもしれないが、実際はコメディなのは前半だけで、後半はわりとシリアス…というか笑えない話になって行く。

周囲にはヒトラーのそっくりさんと勘違いされているが、本人はそんなにそれを気にする風でもなく、生真面目に自分の政治的信条をガンガン眼前の人々にくりだしていく。真摯に!熱意を込めて!

どんな相手もヒトラーにかかれば張り子の虎で、誰であろうと打ち負かされてしまう。ヒトラーの政治的立場は過激ではあるが魅力的で問題を解決してくれそうな自信に満ちているように思えてくる。

だんだんヒトラーがキワモノの芸人から、稀有にて偉大な政治家として周囲から尊敬を集め始めるともう止まらない。周囲にはヒトラーを担ぎ上げる人物が雪だるま式に群がり、ヒトラーのやることなすこと全てに対し、大衆は神秘的好意的に解釈する。

独裁者を作り上げるのは大衆である。大衆の思い違い、勘違い、過度な理想化である。小説はワイマール共和国の崩壊が現代でも起こりうる、そう提示して終わる。「悪いことばかりじゃなかった!」新しいヒトラーのプロパガンダポスターのキャッチである。

話はシンプルだし、テーマも明確で、子供でも読書感想文が書けそうな本作だが、最初はギャグだったヒトラーの挙動がだんだん頼もしい政治的リーダーのように思えてくる微妙なさじ加減が秀逸。無意識にヒトラーを応援してしまうし、もっと上まで登りつめた総統閣下を見てみたい。そんな風に思えてくる危険な小説だ。読解力の低い読者が読むと、ひょっとしたら「ヒトラーかっこええわ!」と夢中になってしまうのではないか。かなりきわどいところをいっている。

ただ、合間合間で挟まれる第三帝国系オマージュはかなりマニアックで、この小説のヒトラーの発言やぼやきは実際のテーブルトークや「我が闘争」からの引用も数多くある。また、現代版の取り巻きと、過去に実在した取り巻きとを重ね合わせる演出など、作者はなかなかオタクである。この辺のジョークが理解できればグッド面白くなるだろう。是非読んでみてください。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください